bonheur
COLUMN

老けたくないなら、今すぐやめよう!あなたを老化させている原因

あれ、私、老けた?


 


自分より若い世代と一緒に並んで写真を撮った時、久しぶりに何年か前のお気に入りの洋服を着たとき、鏡を見たとき、


ふと、自分の変化に気づいてしまうこと、ありませんか?


 


25歳はお肌の曲がり角なんて呼ばれていますが、そんなこと言われながらも


「いやいや、そんな実感感じないし、まだいけるっしょ♪」と気にも留めずにすごして30代に突入。


それでも「実年齢に見えないって言われるし、まだまだ大丈夫かなー。まあ大人だし、一応化粧品だけは、いいの使っとかないと♪」


と、たかをくくっていたら


35歳すぎたあたりから、突然加速する、見た目の変化のリアル化。


白髪、髪質の変化、肌の乾燥、ハリのなさ、身体のたるみ、目元のしわ、クマ、くすみ。。。


でるわでるわの、トラブル続き。


 


こんなはずでは、、、とならないためにも、


今からすぐに始めるべき、老化をさせない生活習慣を取り入れていきませんか?


 

老化を促進させるもの、それは…

老化を加速させる原因となっているのは


「酸化」「糖化」「炎症」といわれる現象です。


酸化は、身体の錆び。


糖化は、身体の焦げ。


炎症は、アレルギーや病気。


 


 


 これらを起こす原因となるのが


・激しい運動


・偏食による栄養バランスの偏り


・添加物、食品化合物


・睡眠不足


・紫外線による光老化


・ストレスによって発生する活性酸素


・電磁波


・喫煙(受動含む)


・過度の飲酒


・暴飲暴食


 


 


これらの生活習慣により、「酸化」「糖化」「炎症」を引き起こし


身体の細胞の老化がじわじわと進行しているのです。


 


細胞の老化によるダメージは、まず内臓機能から始まります。


見た目で実感できるのは一番最後。


見た目であれ?となった時には、もう挽回できないほどに、身体の中では老化が進んでいます。


なので、気づいたころにはもう遅く、


悲しいことに巻き返しができません。。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 

日常の生活習慣から、整えよう。

老化を少しでも遅らせるために、


 


・7~8時間の睡眠時間をとる


・日傘やUVケアなどの紫外線対策を一年中する


・糖質を多く含む炭水化物(米、パン、麺類など)の量を減らし、抗酸化力の高い食材を積極的にとる


・糖化しやすい食材を控える(パンケーキ、バター、ポテチ、チキンナゲット、フランクフルト、クリームチーズ、ベーコンなど)※


※AGEと呼ばれる老化物質の含有量が特に多い食品


 



 


無理のない程度で、普段の睡眠、食生活から意識していきましょう。


 


 


 

スタイリスト
Mai Sugioka

富山県出身 関西美容専門学校夜間部卒
ブライダルマネージャーとして関西一円のレストランウエディングのヘアメイクに携わっています。
資生堂トップクリエイターズアカデミーにて、日本のトップヘアメイク講師陣に師事、ボヌールのデザイン理論、教育を担当。
メイク、カメラ等、セミナー講師で全国各地で活動。
長さ問わず、その人にフィットするヘアスタイルを作ります。着付、メイクも承ります。