bonheur
COLUMN

髪質改善は痛む!?従来のトリートメントとサブリミックの違い

snsなどで大人気の髪質改善!


今、SNSを開くとツヤツヤな髪が流れてきたりしませんか?


そして、コメント欄には"髪質改善"や"髪質改善トリートメント"などと書いていませんか?


それを見てやりたいと思う反面、実際のところどうなの??と疑問も出てきませんか?




実際に、"今までのトリートメントとの違いは?"や"本当に誰でもサラサラになるの?"



などなど、お客様のお声を頂いおります。。



そんな方にとって少しでもお手伝いができるように



髪質改善の全てお教えいたします^ ^

髪質改善トリートメントとは?

髪質改善トリートメントとは、髪のうねりやパサつき、ゴワつきなど、髪の質感や見た目の悩みに対して、毛髪内部に栄養を浸透させて補修し、髪質の改善をめざすトリートメントのことです。


 


縮毛矯正やストレートパーマよりも髪に負担をかけず、髪本来のストレートさを活かしたナチュラルな仕上がりになるほか、一般的なトリートメントと比べて持続性が高いことが特徴です。

髪質改善トリートメントは痛むって本当!?

髪質改善トリートメントと検索をかけると、"痛む"や"デメリット"というワードも同じく表示されることも多いです。


髪質改善トリートメントは本当に痛むのか?


どうゆうメカニズムで痛むのかをお伝えします。


 


今、一般的に多くのサロンで髪質改善として言われているのは酸熱トリートメントという施術です。


酸熱トリートメントというのはグリオキシル酸という特殊な酸を使い、元々弱酸性領域の髪を酸性に傾けます。


そうすると髪は収斂という反応を起こし、髪表面のキューティクルが引き締まります。


ここまでは良いのですが、この収斂を繰り返していると髪はどんどん硬くなり、次第にチリチリとした痛んだ質感に変化していきます。


ここまでの状態になってしまうと自然なストレートに戻すことは難しく、カットするまでそのまま過ごしていかなくてはいけなくなってしまいます。


業界では酸熱トリートメントを繰り返している髪を酸熱死といい、髪に潤いを持たす事が難しい髪になってしまいます。酸熱死という言葉が生まれるほど危険な状態なのです。


こういった理由があり、痛むと言われています。

サブリミックトリートメントは痛まない!?

今までのお話を聞いていくと、


髪質改善トリートメント=痛む


ということになるのですが、、、


資生堂の最新髪質改善トリートメント、サブリミックトリートメントは痛みません!!


なぜ痛まないのか…!?


今からご説明していきます!

従来の髪質改善トリートメントとサブリミックトリートメント違い!

先程お伝えしたグリオキシル酸による髪への負担です。


従来の髪質改善では、これを使うことで髪のごわつきや硬さが出てしまいますが、


サブリミックでは、このグリオキシル酸の欠点を補うために、長年の研究で独自の配合を行い、弱酸性下でも髪の歪みを補正できるように処方されています!!


なので、サブリミックの髪質改善は従来のものと比較しても、やり続けることによる髪のごわつきや硬くなることがありません。


2つ目の違いは、たた髪質改善による形状補正をするだけでなく、髪の内側と外側をデトックスし、髪の状態に合わせた栄養補給ができるところです!!


もちろん髪質改善をして形状補正がされただけで、綺麗になっています。


が、サブリミックではデトックスという形で、毛髪内外の負担を取り除き、さらには11人のお悩みに合わせた栄養補給が出来るんです◎

実際に試したい方はこちらから!

全ての話を聞くと、髪質改善トリートメントやりたくなりますよね!


そして、痛まないサブリミックトリートメントを。


そう思って頂けた方はこちらから実際にして頂けるので、是非一度お試しください!


https://beauty.hotpepper.jp/CSP/bt/reserve/?storeId=H000537220


カットなどのセットもございますが、単品の施術の場合はこちらをお選びください↓


スタイリスト
Sayuki Hanaoka

グラムール美容専門学校卒
笑顔が自慢の負けず嫌い。韓国カルチャーが好きです☆
お客様と会話するのを楽しみに仕事しています☆

ビューティシャンの資格取得☆

お客様をキレイにします!

ハイフ施術もお任せください