bonheur
COLUMN

ナチュラルメイクが流行となっている今!これからまつ毛パーマをする方へお手入れ方法などをご紹介!

初めましてRimoの平田です。


今回はまつ毛パーマについてお話しさせていただきます!


最近はナチュラルメイクが流行となってる今マツエクからパーマに変えられる方も増えています。


コロナ禍の中で外出の機会が少なくなっているとは思いますが、綺麗にしていたいと思われる女性の方は多いと思います!!


これからパーマに挑戦しようと思う方!

エクステからパーマに変えてみようと考えている方!


是非参考にしてみて下さい。

まつ毛パーマとは?

まつ毛パーマ専用のパーマ液を使用し、自まつ毛にカールをつける施術をまつ毛パーマと言います。


まつ毛パーマは大きく分けて、まつ毛専用のロッドにまつ毛を巻きつけてカールをつける方法とビューラーで固定してパーマ液でカールをつける方法とがあります。


当店ではロッドでしていますので、今回はそちらのご紹介をさせて頂きます。


ロッド式はまつ毛の長さや形に合わせたシリコンロッドに毛を一本ずつ巻き付けてカールさせます。


次世代まつ毛パーマやパリジェンヌラッシュリフトなど色々なパーマの種類がありますがほとんどはこちらのロッド式になりパーマ液やロッドの種類の違いで、名前が付けられています。根元からまつ毛を立ち上げるのに特化したまつ毛パーマになります。


自まつ毛にパーマを当てる事によりまつげを上向きにし、目元を華やかにしてくれます。

まつ毛パーマのメリット、デメリット

メリット


メイクの時間が短縮できる


すっぴんでも目元が浮かない


目に違和感がない


オイルでメイク落としができる


マツエクに比べると持ちがいい


 


デメリット


マツエク程のボリュームは出ない


自まつ毛が短いと長さを出したい人には物足りない


まつ毛が痛む


まつ毛が生えてくると不揃いになる


などになります。


 


エクステに比べると長さやボリューム感は少なく感じるとは思いますが、お手入れなどは楽になります♪


 

まつ毛パーマの持ちは?

まつ毛パーマは3週間~6週間程度もつと言われています。


まつ毛パーマのもちには個人差があり、まつ毛の毛質やパーマ液の種類などによって変わってきます。ちなみにまつ毛エクステの持ちは23週間といわれていて、まつ毛パーマはまつ毛エクステよりもちがいいと言えます。


まつ毛の毛周期は大体3ヶ月で3ヶ月で全て生え変わるのでパーマが全てなくなります。


なので痛みも考えると個人差もありますが1ヶ月〜1ヶ月半くらいの頻度でパーマをすると綺麗な状態をキープ出来ます!

まつ毛パーマの持ちを良くする方法

ビューラーは使わない


目元はこすらない


うつ伏せ寝はNG


マスカラを使う時はできるだけフィルムタイプを


ブラシでといて形を整える


美容液でケア


などをして綺麗な状態を長く維持して下さい✨

まつ毛パーマの持ちを良くする方法②

まつ毛は生え変わるものの、パーマをかけたまつ毛は傷んでいます。


冬場は乾燥もするので切れてしまう事もあるので、毎日まつ毛美用液でケアしてあげて下さい!


画像はオススメの商品です。


他に育毛のタイプなど色々種類がありますが、また美容液については今度詳しく説明します!!


 


いかがでしたでしょうか??


 


これからまつ毛パーマをする方に少しでも参考にして頂ければいいなと思います♪

スタイリスト
Yuko Hirata

ビューティシャンの資格保有者☆

丁寧な技術を心がけています!まつ毛パーマはお任せ
お肌、お目元のお悩みや好みに合わせた技術を、

丁寧に提供いたします。